橋梁の補修・補強ライブラリー [ SEリミッター - (株)エスイー ] ホーム
[ 橋梁の補修・補強ライブラリー ] | [ 製品一覧 ] | [ 戻る ]


資料請求・お問い合わせ

ページアクセス回数 : 3046

 横変位拘束構造・水平力分担構造 SEリミッター
NETIS登録No.QS-120021-A
構造と特長
SEリミッターは、道路橋示方書に基づいた横変位拘束装置です。 レベル2地震動に対する既設橋支承部の水平力を分担する水平力分担構造としても使用できます。 また、桁の浮き上りを防止するための機能と衝撃的な地震力を緩和できる機能を備えています。
SEリミッターの特長

1. 優橋梁条件に見合う幅広いラインナップ構成
設計許容力は2000kNまで対応しています。またすべての部品は機械加工品であり、最大移動量を上限とし、設計に応じた移動量の自由な設計が可能です。

2. 優れた防食仕様:亜鉛アルミニウム溶射・DMコート
溶融亜鉛めっきより優れた防食性能を持つ「亜鉛アルミニウム擬合金溶射」を基本防錆仕様としています。 さらに本装置の要となる「リミットピン部」の防錆仕様は、優れた塗膜硬度を有し、100年の耐久性が期待できるDMコートを採用しています。

3. 優れたメンテナンス性
バッファーはソールプレート側に設置したことにより、リミットピンの目視点検可能な遊間を確保ています。そのためメンテナンス時には、最も重要な部材であるリミットピンを容易に確認できます。

4. 支承部上揚力に抵抗できる構造
標準のリミットピンは、フランジの抵抗力により、、地震時の支承部上揚力(水平耐力に対して30%程度)に抵抗できます。また、リミットピンのフランジ厚などを調整することにより、津波などの外力による上部工の落橋を防止することが可能です。

施工事例
■鋼・箱桁橋の設置例

  伊古木高架橋

■鋼・鈑桁橋の設置例

  六十谷橋

■PC・T桁橋の設置例

  東真鍋橋


製品概要
カタログ( PDF 802KB )
施工実績( PDF 74KB )
資料請求・お問い合わせ

(C) 2022 鋼橋ネットサービス