橋梁付属物・関連製品検索サービス [ U-ウェッジフレーム - 東京ファブリック工業(株) ] ホーム
[ 橋梁付属物・関連製品検索サービス ] | [ 製品一覧 ] | [ 戻る ]

資料請求・お問い合わせ

ページアクセス回数 : 322

 U-ウェッジフレーム
(アンカーレス桁接着工法)
NETIS登録番号 KK-180015-A   
  ■ 概 要
  既設橋梁の耐震補強のため変位拘束構造とT桁を連結する場合、従来は主桁ウェブに貫通孔をあけるアンカーバー方式を採用することが一般的です。しかし、主桁に鉄筋やPC鋼材が配置されており、その損傷を避けるために鉄筋探査が必要となり、構造や施工に問題があります。本工法ではアンカーではなく、くさびの作用による押圧力と接着力によって主桁に定着されています。本定着構造を設置する場合、既設桁のはつりのみの工事となるため、構造に与える影響の緩和、施工性の向上及びコスト縮減が可能となります。   
U-ウェッジフレームの基本構造
  ■ 特 長
  (1)主桁ウェブのはつり部にくさび鋼板を配置したU-ウェッジフレームを主桁と接着剤で定着し、一体化した構造です。

(2)はつり部はかぶり内(10mm30mm)でくさび形状に仕上げます。

(3)地震発生時にはくさびの作用による押圧力と接着力で、取り付け部が確実に機能できるように配置した構造です。

(4)アンカーバー形式と比較すると工数が少なく、工期が短縮できます。

(5)
一般的には変位拘束装置(STT型ストッパー)と組み合わせて使用できます。

  ■ 施工例
         
 

製品概要
カタログ( PDF 1329KB )
資料請求・お問い合わせ

(C) 2018 鋼橋ネットサービス